ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 第7回北九州地区5法人会合同講演会を開催

- 多くの市民の皆さんも参加して -

検索

第7回北九州地区5法人会合同講演会を開催
- 多くの市民の皆さんも参加して -

小倉法人会(福岡)[ その他の事業内容]

画像

  北九州地区5法人会(八幡・若松・小倉・門司・行橋法人会)では、毎年2月に広く市民の方々にも参加いただく【5法人会の合同講演会】を開催しており、今年は2月21日(木)に、北九州市小倉北区にあるステーションホテル小倉にて開催しました。当日は講師として、TV等にも多く出演されている経済アナリスト・獨協大学経済学部教授の森永卓郎氏をお招きし、会員192名、一般市民の方124名に参加いただきました。
  司会進行は行橋法人会の屏(へい)青年部副会長が担当し、冒頭、小倉法人会の安部研修担当副会長より「経済情勢の分析を踏まえた『今後の企業経営』に対するお考えをお伺いしたい」との開会挨拶があり、その後、森永卓郎氏より『変化の時代の企業経営』を演題に講演いただきました。
同氏からは、日本の高度成長期における大量生産・大量消費や戦後の人口減少の推移や年収別の婚姻率などから話が始まり、ご自身の経歴・経験も織り込みながら講演は進行しました。
  その後、「今後、ますます人工知能とロボット化が伸展するので、それらにできない『クリエイティブな仕事』を行わないと生き残れない時代となってくる。今まで同様、グローバル一辺倒で、中国などとの価格競争では勝ち目はない。また、今や実店舗での販売アイテム数よりインターネット等での販売アイテム数の方が圧倒的に多いので、ネットを活用し、誰もが驚き・興味を持つ『何だ、これは?でも、なぜか記憶に残る』アート作品のような商品を創出していく必要がある。そのモデル国が今やイタリアで、この国では、経営者は新商品開発には口を出さず、現場担当者に任せており、それによりアート作品のような新商品が大量に世に送り出されている。その中からヒット商品が出て、高値での販売ができている。」と話され、講演が終了しました。
  講演はほぼ予定時間どおりで、参加された皆さんからも「今後の経営のヒントになった」「楽しい講演であった」との感想をいただきました。
  次年度以降も、北九州地区5法人会で皆さんの関心のあるテーマを演題に合同講演会を実施していきます。
(平成30年2月22日 掲載)

画像1

ページトップに戻る