ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 「安心・安全な防犯環境づくり」へ警察署と連携して取り組む

- 今年も街頭防犯カメラ10台を寄贈 -

検索

「安心・安全な防犯環境づくり」へ警察署と連携して取り組む
- 今年も街頭防犯カメラ10台を寄贈 -

小倉法人会(福岡)[ その他の事業内容]

画像

  小倉法人会(福岡)は、社会貢献活動の一環として、所在する北九州市小倉北区・小倉南区の安心・安全を向上させるため、平成27年度に小倉北警察署及び小倉南警察署と「安心・安全な防犯環境づくりに関する協定」を締結いたしました。
  この協定締結の目的は、北九州市の人口10万人あたり刑法犯認知件数が政令指定都市(全国20都市)の中で、上位9番目(2014年実績)と多く、同市では、その削減に取り組んでいるものの、当会としても協力できる事業はないかを検討し、【街頭防犯カメラ】の設置推進に協力することになりました。
  具体的には、平成27~29年度の3年間に渡り、年間10台、3年間で30台の【街頭防犯カメラ】設置に協力するもので、設置場所は小倉北警察署及び小倉南警察署にお願いし、犯罪防止に効果の出る場所を選定いただくようにしました。
  協定締結後、3年目となる平成29年度におきましても、平成30年2月27日に小倉北警察署から「10台の設置場所が決定し、現在取付中である」旨の正式連絡と3年間のお礼状が届きました。今年度分の設置は、3月前半には今年度の本事業も終了致します。
  全国的にも【街頭防犯カメラ】設置による設置地域の刑法犯発生件数は確実に減少している事が検証されており、この協力により、小倉北・南警察署からの報告によると「設置した街頭防犯カメラ設置校区では、街頭犯罪認知件数が104件(13%)減少した」「設置協力者から『今まで以上に、安全・安心を実感できるようになった。』」「捜索願の出された女子中学生が当会寄贈の街頭防犯カメラによって所在が判明し、無事に保護できた」などの効果・事故解決事例が出ており、北九州市の安全・安心に貢献していることが確認できました。
  今後、ますます北九州市が『安全・安心な街』になり、国内外から同市を訪れる方々が増え、北九州市の活性化につながることを期待して、同事業の継続を検討していきます。
(平成30年2月28日 掲載)

画像1

画像2

ページトップに戻る