ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 今年も夏祭り本番を前に団扇を配り、法人会PRと節電を訴え!

-小倉祗園太鼓に乗せて!!-

検索

今年も夏祭り本番を前に団扇を配り、法人会PRと節電を訴え!
-小倉祗園太鼓に乗せて!!-

小倉法人会(福岡)[ その他の事業内容]

画像

 小倉法人会(福岡)では、ここ数年、毎年7月上旬に、地元の夏祭りに協賛して北九州地区4法人会(小倉・門司・八幡・若松)合同で団扇を作製し、各々、夏祭り会場で配布しています。当会では7月20~22日に行われる小倉祗園太鼓 (下記(注)参照)で市民の皆さんに配布し、法人会のPRを行なっています。
 今年も、小倉祇園太鼓は、7月1日にJR小倉駅で小倉祗園太鼓の打ち初め式が行われ、お祭りの本番は、「宵祇園」が7月20日(金)に、そして21日(土)の「太鼓競演大会」、22日(日)の「据え太鼓競演会」「廻り祗園」で終了する予定です。
  今年は、7月3日に台風7号が福岡県沖を通過し、その後7月5~6日には梅雨前線の影響で西日本を中心とした広範囲で「大雨特別警報」が出るような西日本豪雨が発生し、ここ北九州市内にも大きな被害が発生しました。
 しかしながら、この時期を過ぎますと今年の夏、厳しい暑さがやってきます。夏本番を前に、北九州地区4法人会で制作の団扇の内、当会分の1,000本に「いちごプロジェクト」の団扇1,000本を合わせて、この小倉祗園太鼓のお祭りに来られた市民の皆様へ配布して【節電】と合わせ、法人会をPRします。
  今後とも当会では、このような機会を通じて、節電への協力依頼や法人会PRのみならず、市民の皆様へ様々な情報提供を行ってまいります。
(平成30年7月13日 掲載)

(注) 小倉祇園太鼓(こくらぎおんだいこ)は、北九州市小倉北区で行なわれ小倉城内に鎮座する
   八坂神社の例大祭。江戸時代以来、約400年の歴史を有する古い夏祭りで、京都の祇園祭、
   博多の博多祇園山笠と共に「全国三大祇園」に数えられます。
   今年は7月20日(金)~22日(日)の3日間、太鼓を乗せた山車が繁華街を練り歩き、太鼓と
   すり鉦(ジャンガラ)による演奏が終日、街中に響き渡ります。

画像1

画像2

ページトップに戻る