ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 「税を考える週間」に連携して各種の活動を推進

- 地元FM局へのラジオ出演等を実施 -

検索

「税を考える週間」に連携して各種の活動を推進
- 地元FM局へのラジオ出演等を実施 -

小倉法人会(福岡)[ その他の事業内容]

画像

 小倉法人会(福岡)は、11月11日(月)から17日(日)までの『税を考える週間』事業の一環として、各種活動を推進しています。
 1つめは、「租税教育」は生涯学習・生涯教育であるとの考えのもと、小倉税務署には後援を、小倉間税会・小倉優良申告法人会・九州北部税理士会小倉支部には共催いただき、小倉税務署・福岡県北九州東県税事務所、北九州市財政局税制課に問題の作成をお願いして、北九州市に在住の方を対象とした応募方法での国税・県税・市税に関する全30問・三択方式による【税金クイズ大会】を実施しています。
  2つめは、市民のみなさん、約21万世帯にお配りする【法人会だより】に「税を考える週間」の記事を掲載し、この機会に【税】について考えてもらうとともに『「税」は「社会の会費」』である旨をPRしました。
3つめとしては、11月の1ケ月間、地元コミュニテイFM局の【FM KITAQ(エフエムキタキュー)】で全法連作成のラジオCMを流しています。
  この事業はFM局の放送カバーエリアを考慮して、北九州地区の八幡法人会・門司法人会と共同で行っており、11/1(金)~30(土)の間、合計200回放送しています。
  さらに、11/8(金)には当会の専務理事がラジオ出演し、パーソナリティとの掛け合いで、法人会の歴史や活動内容及び税金の意義や使途・種類等について説明するとともに、今回は「消費税・軽減税率制度の概要」「小倉法人会主催の【税金クイズ大会】への参加のお願い」等についての話をしました。
  特に、今回は、本年10月1日から開始された消費税の軽減税率制度について、非常に解り難い点が多く、パーソナリティとの掛け合いで、制度概要の説明や持ち帰りとイートインスペース利用時での消費税率の違いなどをお話ししました。
  最後に、「税金は、私たちが社会の一員として生活していくために負担しなければならない、一種の【会費】のようなものであり、一度、どのくらいの種類の税金があるかなどをインターネット等で調べ、小倉法人会主催の【税金クイズ大会】に応募して下さい」、また「この機会に改めて税金について考えてみて下さい」と締めくくりました。
  今後とも、「税を考える週間」に連携した色々な活動を通じて、市民の皆さんに【税】について理解していただけるよう活動して参ります。
(令和元年11月8日 掲載)

画像1

画像2

ページトップに戻る