ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 租税教室講師認定制度スタート

検索

租税教室講師認定制度スタート

川口法人会(埼玉)[ その他の事業内容]

画像

  川口法人会では、租税教室講師及び講師アシスタントの経験、教える力と教材づくりへの参画を評価し認定する制度を次の通り整え運用をスタートさせました。
(1)狙い
 1.次世代を担う子供たちに租税の目的と役割を教えることを通じて、法人会の一員の経営者として社会的使命を果たすことの象徴を表します。     
 2.講師参加者へのリスペクトを表し、誇りとステータスを持てるものとします。   
 3.講師や講師アシスタントへの志願を促進し、租税教育体制充実の一助とします。
(2)認定基準と運用
 ※下記基準で税制委員長が推薦し、会長が認定を承認する。認定証(法人会会長名)とバッジ(名称と色分け)授与します。
S-Taxプロフェッサー:講師養成指導かつ教材制作・説明手法等に参画した者(金色)
S-Taxシニア・レクチャー:講師5回以上かつ教材制作・説明手法等を提案している者(銀色)
S-Taxレクチャー:講師アシスタント3回以上で講師養成研修会を受講しプロフェッサーから推薦された者(銅色)
S-Taxアシスタン:講師アシスタント(若葉色)
(3)講師養成研修会
 年数回、講師、アシスタントや講師志願者を対象に研修会開催し模擬実習形式で修得します。
(4)認定時期
 毎年4月理事会終了後に、租税教室講師認定授与式を行い、認定証とバッジを授与します。
 第1回は4月21日理事会終了後に租税教室認定式を行い、認定書を授与しました。各認定ランクの対象者は次の方々です。今年も数多くの法人会員の皆様の講師への参画をお願いします。
(平成28年5月17日 掲載)

画像1

平成28年4月21日理事会にて授与

画像2

 認定書

ページトップに戻る