ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 今後とも「安心・安全な防犯環境づくり」へ警察署と連携して取り組む

- 街頭防犯カメラ設置への継続協力 -

検索

今後とも「安心・安全な防犯環境づくり」へ警察署と連携して取り組む
- 街頭防犯カメラ設置への継続協力 -

小倉法人会(福岡)[ その他の事業内容]

画像

 小倉法人会(福岡)は、社会貢献活動の一環として、所在する北九州市小倉北区・小倉南区の安心・安全を向上させるため、当会及び小倉北警察署、小倉南警察署との三者による「安心・安全な防犯環境づくりに関する協定」を平成27年度に締結し、平成29年度までの3年間で30台の【街頭防犯カメラ】設置に協力してきました。
  目的としては、当時、北九州市の人口10万人あたり刑法犯認知件数が政令指定都市(全国20都市)の中で、上から9番目(2014年実績)と多い事から、同市ではその削減に取り組んでいたが、当会としても協力できる事はないかを検討し、結果、『街頭防犯カメラ』設置推進に協力する事にしました。

平成29年度までの3年間の設置協力結果として
① 防犯カメラの設置地域における街頭犯罪が約13%減少。
② 平成29年11月には、当会が寄贈した防犯カメラにより、捜索願の出されていた女子中学生を
  無事に保護できたなどの好事例も発生。
③ 防犯カメラを設置いただいた協力者の方々からは「安心感が向上した」とのご意見もいただいた。

 等々、地元の安心・安全な防犯環境づくりに貢献できたとして、平成30年5月22日小倉北警察署にて、小倉北・南警察署を代表して、小倉北警察署長より当会会長に対し、平成29年度までの協力に対する感謝状贈呈式が行われ、その後、今後5年間(2018~2022年度)で合計15台の『街頭防犯カメラ』設置に継続協力するための「新たな協定書」の調印式を行った。
  当日の感謝状贈呈式及び新協定書の調印式には新聞2社が取材に訪れ、当会の認知度及び社会貢献活動のPRにもつながった。
  全国的に【街頭防犯カメラ】設置による設置地域の犯罪発生件数は確実に減少している事が検証されており、今回の継続協力により、北九州市の安心・安全な環境づくりに更なる貢献ができるものと確信している。
  そして、今後、北九州市が『より安全・安心な街』になり、国内外から同市を訪れる方々が増え、北九州市の活性化にもつながることを期待している。
(平成30年5月24日 掲載)

画像1

画像2

ページトップに戻る