ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

会長メッセージ

全法連女性部会連絡協議会 若松会長 全国女性フォーラム山梨大会を終えて

 全法連女性部会連絡協議会会長の若松でございます。
 平成30年4月12日に開催されました第13回全国女性フォーラム山梨大会におきましては、約1,600名の女性部会の皆さま方にお集まりいただき、盛大に開催することができましたこと、心より感謝申し上げます。

 今回の女性フォーラムの成功には、お集まりいただきました皆さま方、とりわけ国税庁 藤井次長をはじめとする税務当局の皆さまや、山梨県 後藤知事、甲府市 樋口市長のほか、友誼団体、福利厚生制度協力会社の皆さまによる日頃の御支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
 また、この大会の準備、運営に多大なご尽力をいただいた山梨県連女連協の皆さま、ならびに山梨県連の皆さまに厚く御礼申し上げます。

 さて、フォーラムでも申し上げましたが、私たち全法連女性部会は、法人会活動の充実と活性化への寄与に努めながら、税の啓発活動や、地域社会貢献活動に取り組んで参りました。
 特に、女性部会独自の取り組みであり、かつ、活動の大きな柱の一つである「税に関する絵はがきコンクール」は、法人会の公益事業推進に大きく寄与するものであり、平成24年度より国税庁の御後援をいただいております。平成29年度の応募総数は22万点を超え、実施いただいた会にはあらためて御礼申し上げます。
 また、実施会は全体の9割を大きく超え、すべての会における実施まであとひと息のところまできております。皆さまの力を結集して、ぜひとも全会実施に向け、お取り組みをお願いいたします。

 私たち全法連女性部会は、法人会の女性部会員として、公益性の高い活動に積極的に取り組み、社会に貢献するほか、女性経営者として地域経済の活性化、地域の発展に今まで以上に寄与していくことが重要であると思われます。会員の皆さまが「活動が楽しい」と感じられるよう、「勇気、愛情、信頼、希望」をもって、更なる活動の充実を目指していきたいと考えております。

 引き続き皆さまの御支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

(平成30年5月更新)

 


全法連女性部会連絡協議会
会長 若松 恵美子

 

 

ページトップに戻る