ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

会</p>
<p>長メッセージ

全法連青年部会連絡協議会 中村会長 就任ご挨拶

 全法連青年部会連絡協議会会長に就任しました広島県連・広島西法人会の中村と申します。今回このような大任を務めることとなり、大変に身の引き締まる思いです。
 
 私事ですが、平成25年に開催した「法人会全国青年の集い」広島大会では実行委員長を務めさせていただき、大会開催に際しては全国の皆様に大変お世話になりました。
 
 開催の2年前から全法連青連協の会議にも参加しまして、歴代会長のもとで勉強をさせていただきました。その恩返しの意味も含めて、微力ながら会長の職務を努めてまいりたいと思います。
 
 これから具体的に取り組む内容として、青年部会全体で行うべき課題は4つあると考えています。1つめは租税教育活動の推進、2つめは部会員増強運動、3つめはアンケート調査システムの登録件数の向上、4つめは大型総合保障制度Jタイプの推進、以上であります。
 
 我々は全国の「連絡協議会」であるので、青年部会全体のため、更にはそれぞれ所属する単位会の活性化のためにも、これらの課題にしっかり取り組んでいかねばならないと思っています。各役員・委員の皆様には、ぜひ現状と課題をしっかり認識いただいた上で、所属する局連、県連、単位会に持ち帰っていただき、青年部会全体の発展に向けて、一緒に汗を流していただきたいと思います。
 
 これらの事業とともに、全法連青連協が主催する「法人会全国青年の集い」を開催いたします。主管県連の実行委員会には、実施計画をしっかりと練っていただき、主催者である全法連青連協の役員会において協議していきながら、共に良い大会を作り上げていきたいと思います。
 
 全国の青年部会メンバーにとって素晴らしい大会となるように、また、実行委員会の皆様には大会開催を通じて大きな達成感を得ていただくと同時に、組織の発展、活性化に役立てていただきたいと思っております。
 
 また、全法連青連協ではこれまでの2年間、税の使途に関する勉強と検討を行い、私自身も大変勉強になりました。税の使途に関する検討と研究は、いわば醍醐前会長のレガシーであり、我々もこれを引き継いで、これからも続けていきたいと考えています。ただ、我々青連協が単独で続けるには難しい面があることも判りましたので、テーマ、メンバー、アウトプット方法等については、新しい役員の皆様ともこれから協議していきながら、取り組んでいきたいと思います。
 
 青年部会の発展のためにこれから2年間頑張っていきたいと思いますので、皆様のご指導ご鞭撻、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
(平成29年6月2日:平成29年度定時連絡協議会より)


全法連青年部会連絡協議会
会長 中村 一朗

 

 

ページトップに戻る