ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 復興支援金で 「幼児用遊具」 と 「砂場の砂入れ替え」

検索

復興支援金で 「幼児用遊具」 と 「砂場の砂入れ替え」

二本松法人会(福島)[ その他の事業内容]

画像

  二本松法人会女性部会菅野君子部会長は、復興支援金を活用し、幼稚園に幼児用遊具「なわとびポールスクエア一期とポップアップサッカーゴール一式」と「砂場の砂入れ替え一式」を寄贈。
  戸塚法人会女性部会(神奈川県)、平塚法人会女性部会(同)と博多法人会女性部会(福岡県)の三法人会よりチャリティーバザー等の収益金を福島県法人会連合会女性部会連絡協議会に寄贈を受け、同県連女性部会では、県内九つの女性部会に配分された。二本松法人会女性部会では、その善意を有効活用しようと、東京電力福島原子力発電事故による放射線量を危惧する父兄が未だに多く、屋外での砂遊びや屋外遊戯等を控えているのが現状であり、安心して安全に遊べる空間の提供をすることし、幼稚園の砂場の砂の入れ替えと屋内幼児用遊具を寄贈した。
  贈呈式は、12月12日に学校法人岩城学園岩代幼稚園屋内遊技場で行われ、菅野部会長から、少し早いクリスマスプレゼントを持ってきました。良い子の皆さん、この遊具を使って、元気いっぱい遊んでください。と挨拶し、幼児の代表に遊具と砂入れ替え目録を手渡した。
遊具を受け取った幼児達は、早速、遊具を使い元気に遊んでいた。
(平成28年12月12日 掲載)

画像1

ページトップに戻る