ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 杉並区の 「フードドライブ」 取組を支援

検索

杉並区の 「フードドライブ」 取組を支援

杉並法人会(東京)[ 社会貢献]

画像

 杉並法人会(東京都)は、令和元年6月より杉並区の「フードドライブ」取り組みへの支援を開始した。
  「フードドライブ」とは、家庭で使いきれない食品(未利用食品)を福祉団体などに寄付する取り組みで、杉並法人会では収集した未使用食品を毎月20日に杉並区役所に届けている。
 この取り組みは、「食品ロス(まだ食べられるが廃棄される食べ物)」の削減だけでなく、未利用食品を「子ども食堂(無料または低額で子どもたちに食事を提供する場)」等に提供することにより、経済的に厳しい家庭を支え、地域交流の場を創出することにも繋がっている。今後は、飲食店等で食品ロス削減に取り組む「食べ残しゼロ応援店」についても、区と連携しながら積極的に周知活動を展開していく予定。
  杉並法人会では、食品ロスや子どもの貧困、孤食・高齢者の貧困・孤独死、独身女性の貧困、未婚率の上昇等の令和問題をフォーカスしながら、行政や福祉団体、NPO等への地域に貢献できる活動を試行している。
(令和元年10月10日 掲載)

画像1

ページトップに戻る