ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 宮城県青連研修会で、震災をテーマにパネルディスカッション

検索

宮城県青連研修会で、震災をテーマにパネルディスカッション

宮城県連青連協[ 震災復興支援・応援]

画像

宮城県法人会連合会青年部会連絡協議会による部会長会議及び研修会が、7月27日(金)、塩釜市尾島町の「ホテルグランドパレス塩釜」を会場として行われた。
 研修会では、「塩釜で、今、震災を考える」をテーマに、パネルディスカッションが行われ、被災地の仙台南・門澤俊夫、塩釜・鴨原啓文、気仙沼・村上義和、石巻・菅松敏行の4人の法人会青年部会長がパネリストとして登壇した。
 パネリストからは、大震災、津波被害発生直後の避難状況、および、その後の復興作業について、生々しい報告があり、「情報が入ってこないことへの不安」「道路はがれきで一杯となり、自転車が唯一の交通手段だった」などの問題点の報告があった。
 また、今後の支援活動はどうあるべきかなどについても討議した。
 青連協の今後の活動については、震災からの復旧支援活動に今以上に力を入れるとともに、「租税教室」などの事業を、震災前のレベルに戻すように努力することなどを話し合った。
 また、東日本大震災の経験をもとに、防災、減災の意識をさらに高めようと誓った。
(2012)

画像1

画像2

ページトップに戻る