ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会リレーニュース

法人会リレーニュース  > 南相馬の小学生が移動租税教室で秋を満喫

検索

南相馬の小学生が移動租税教室で秋を満喫

相双法人会[ 震災復興支援・応援]

画像

 相双法人会(福島)青年部会と女性部会は、合同で9月28日(土)、今年で2回目となる「移動租税教室」を開き、山形県上山市にぶどう狩りに行ってきました。南相馬市の12小学校の児童35人と父兄20人が参加しました。
 上山市では、おなか一杯ブドウを食べて、台風一過の後のさわやかな秋の一日を過ごしました。お昼は、国道13号線沿いにある山形市表蔵王の山形県観光物産館でいも煮定食を食べ、お土産を買いました。
 往路のバスで、スタッフから税金のお話を聞いた後に、税のアニメ「マリンとヤマト不思議な日曜日」を見て税金の勉強をしました。
 帰りにはアニメから8問を加えた全15問の税金クイズが出されました。今年は2人の6年生が全問正解をしました。税金については学校で6年生の12月から学習するそうです。

 相双法人会管内には、仮設小学校で勉強している児童や、避難住宅(仮設住宅・借り上げ住宅)に暮らす児童がまだまだたくさんいます。さらに、県内・県外の学校に転入している児童も多くいます。
 本当は、そんな児童をたくさん参加させたかったのですが、募集の手立てもなく、心の痛む思いでした。
 でも、「君たちのことは忘れていない。一緒に頑張っていこう」というメッセージを伝えたく開催しました。

画像1

画像2

ページトップに戻る