ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

租税教育活動

租税教育活動に関する基本的な考え

法人会青年部会「租税教育活動」の指針・スローガン

 「租税教育活動」は、法人会青年部会活動の大きな柱と位置付けられ、全国青年の集い「長崎大会」(平成20年開催)より活動事例発表および表彰を実施している。
 今後も全国の青年部会が足並みを揃えて「租税教育活動」を継続的かつ発展的に実施するため、次のとおり「指針」および単位会青年部会、県連青連協、全法連青連協の役割を明確にした「運営要領」を定める。

法人会青年部会「租税教育活動」の指針

 法人会は、今般、税のオピニオンリーダーたる経営者の団体として国と社会の繁栄に貢献することを「理念」として掲げた。新たに定められた「行動規範」においても、税のオピニオンリーダーとして「租税の理解、望ましい税制・財政のあり方の提言、納税意識の高揚と税知識の普及啓蒙」に努めることを責務としている。
 この観点からすると、われわれ青年部会も「税」に関わる事業を中心に活動することが望ましいと思われる。そのため、われわれ自身が研修会等を通じて税知識の向上等に努めているところであるが、更に日本の未来を担う子供たちに、税の仕組み・税の大切さをわれわれ青年経営者および青年経営幹部の立場から教え、税の使われ方にも興味を持って国や地域社会を愛する気持ちを醸成させる「租税教育活動」は極めて重要な活動といえる。これこそが、われわれにとっても魅力的でやりがいのある活動であり、引いては、法人会の存在意義を広く世間に知らしめることに繋がっていくものと確信するものである。

法人会青年部会・租税教育活動スローガン

われわれ法人会青年部会は 税のオピニオンリーダーとして
「納税意識の高揚と税知識の普及啓蒙」を図るため 「租税教育活動」を
大きな柱と位置付け 積極的に推進します。

(参考・法人会の「理念」)

法人会は税のオピニオンリーダーとして 企業の発展を支援し
地域の振興に寄与し 国と社会の繁栄に貢献する 経営者の団体である

平成27年度全法連青連協定時連絡協議会(2015年6月5日)にて承認

ページトップに戻る

 

租税教育活動プレゼンテーション

青年部会では、その活動の大きな柱である「租税教育活動」のプレゼンテーションを行っています。毎年、全国の各地域から代表部会が集まり、厳正な審査の上、最優秀賞を選びます。

平成28年度租税教育活動プレゼンテーション 結果

最優秀賞

局連 実施会 紹介内容
熊本 鹿屋肝属(鹿児島)
対象:小中学生
参加人員:イベント参加800名
<一緒に楽しく学ぼう税(ぜい)!>

「遊びながら、税を通じた家族の会話」をテーマに「鹿屋市秋祭り歩行者天国」において、「税」一色のイベントを開催。
・宝の地図をもとに、税に関する問題を探し出し、回答して回る「宝探しだ税」や子供たちの目線で、消費税の使い道を考え投票する「消費税の使い道を子供たちに託してみよう税」など
・「税金の大切さ」をテーマにしたヒーローショーを編集したDVDを作成し、48校に配付。

優秀賞

局連 実施会 紹介内容
高松 池田(徳島)
対象:中学3年生
参加人員:153名(管内中学校8校中4校で実施)
<租税教室「未来へTax(託す)!やりがいのバトン」>

「未来を創る中学生に今、何を伝えられるか?」をテーマに「地方創生・再生と税」を切り口として、地方の抱える問題(過疎化=税の減収)を一緒に考えてもらう租税教室。
・「中学校版 租税教室オリジナル教材」を制作。
・全国の多くの法人会が危惧する問題を取り上げており、他の法人会でもオリジナル教材として制作が可能である。

福岡 伊万里有田(佐賀)
対象:小学6年生
参加人員:1クラス38名
<租税教室版「人生ゲーム」>

従来の租税教室の問題点をふまえ、ゲームという子供たちにとって身近な疑似体験を通じて「税金」を知ってもらう租税教室版「人生ゲーム」を実施。
・「税金」の詳細を「説明」するのではなく、「税金」のない世界を疑似体験してもらい、「税金の必要性」や「税金の使途」を感じてもらう。
・小さな納税者である子供たちに「税」をもっと知ってほしい、分かりやすく伝えたいという想いから企画。

奨励賞

局連 実施会 紹介内容
東京 王子(東京)
対象:小・中学生及び保護者
参加人員:54チーム186名
<親子租税教室 きたっくすウォーク2015>

「地域を知り、税を知る」をテーマとし、税に関係のある場所や施設を巡る親子参加型の屋外イベントを実施。子供たちに、税と実際の生活との関わり合いを、自分たちの住む地域を題材に学ぶことを目的とした。
・大きな目玉として、「税金かるた」を屋外イベント用にアレンジ
・従来のチラシ案内に加えて、インターネットでの募集を開始。

東京 銚子(千葉)
対象:小学生
参加人員:592名(計13回)
<租税教室>

「青年部会ならではの租税教室とは何か」を考え、従来の講義型から体験型の租税教室にたどり着いた。
・生徒に消費者、従業員、社長、税務署などの役で劇を演じてもらい、納税の模擬体験をしてもらうもの。
・各家庭で税金について語り合うきっかけを作って欲しいという想いから、租税教室の模様を収録したDVDを学校関係者や保護者の方々に配付する運動へと発展。

関東信越 高崎(群馬)
対象:小学6年生
参加人員:1,668名(25校、29クラス)
<租税教室>

立川法人会モデルの租税教室教材を利用した租税教室。
・当初の3校3クラスから25校29クラスへ実施校が拡大。
・講師養成用DVDの活用や講師養成研修会等により、比較的容易に講師・アシスタントを担当することが可能になったため、部会員の負担も軽減されている。
・講師・アシスタントになってもらうことを理由に青年部会への入会を勧奨することで、部会員増強にもつながっている。

札幌 函館(北海道)
対象:小学生
参加人員:1,150名
<ソゼ―博士とゼイキンポリス>

放課後に児童を預かる「学童保育所」での学童保育祭りで、小学生へ税金の大切さを伝えるオリジナルストーリーのステージショーを開催。
・これまでの租税教育活動を振り返り、短時間で、大勢の子供たちに税金の大切さを伝えるにはインパクトを与えることが必要との結論に至る。
子供たちの親近感がわくオリジナルキャラクター「ソゼー博士とゼイキンポリス」を創出。

仙台 青森(青森)
対象:小学校5・6年生
参加人員:62名
<教えない租税教育 税金ウルトラクイズ>

子供たちに税の役割を楽しく知ってもらいたいという趣旨で、税を考える週間事業の一環として、税金クイズ大会を通じた租税教育を実施。
・予選税金テスト、3拓問題、早押し、記述問題など様々な形式で税にまつわる問題に回答してもらうイベント。
・税務署長に問題の読み上げや講評などを頂いている。
・子ども達が自主的に参加し、税について学習することをテーマに開催している。

名古屋 津(三重)
対象:小学5年生 保護者・津市民
参加人員:10校500名
<津を盛り上げよう税!>

租税教育活動の認知度をあげるため、津市内の活性化のため活動している「津まつり関連団体」との協働による租税教育活動に取り組んだ。
・津市観光協会、津商工会議所青年部、津青年会議所など
・津のゆるキャラとのコラボレーションや「ジュニアエコノミーカレッジ」事業の中で租税教室を実施。
・小学生だけでなく、保護者や市民の方々の理解が深まった。

金沢 南越(福井)
対象:小学6年生
参加人員:1校2クラス50名
<租税教室>

「租税教育活動の現状と課題を洗い出し、真に求められる質の高い租税教育活動のスタート台を築きあげる」との基本方針に基づき、児童の税への興味と研究心を掻き立てる特別租税教室を開催。
・従来の租税教室方式に加え、学校周辺を歩きながらどのように税金が使われ、何に役立っているかを学ぶ郊外学習を実施。
・ケーブルテレビや新聞社で報道され、地域への影響度も高い。

広島 井笠(岡山)
対象:高校2年生
参加人員:45名
【特別参加】
<白熱教室in龍谷高校>

「社会人としての第一歩を踏み出す目前の高校生に、社会人として求められること、納税の意義と役割及び社会や国のあり方を考えるきっかけとしてもらうこと」を目的にディベート大会を実施。
・青年部会員が経営者の立場で会社と地域や税の関係を説明。
・27年度のテーマは「軽減税率に賛成か反対か」とし、2ヵ月にわたる検討と議論を経て、ディベート大会に臨んでもらう企画。

 

これまでの最優秀賞

  • 平成24年度最優秀賞・出雲法人会(WMV)
  • 平成23年度最優秀賞・瀬戸法人会(WMV)
  • 平成22年度最優秀賞・立川法人会(WMV)
  • 平成21年度最優秀賞・大牟田法人会(WMV)

 

 

映像(WMV形式ファイル)を開くためには「Windows Media Player」が必要です。
Macで見る場合は、WMVに対応したPlayerをご利用ください。

 

PDFファイルを開くためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。

Get ADOBE READER

 

ページトップに戻る